東京組のこだわりの家づくり

住宅建築会社として東京組は20年以上の実績があるのだそうです。洗練されていて、質の高いデザインの住宅をたくさん展開してきた実績があるといいます。ほかにはないさまざまなこだわりのある家づくりを進めているようです。

東京組独自の要素として、木製サッシがあります。これは東京組が独自開発したものとなっているようです。日本ではまだまだ少数派の木製サッシなのですが、快適な家づくりのために欠かせない存在であると考えられています。東京組では美しい街づくりのためにも木製サッシのラインナップを標準化しているようです。東京組に家づくりを頼めば、すべての家に基本的に木製サッシがつけられるようになっているということを意味します。したがって、東京組が手掛けた住宅における最大の特徴ともいえるのではないでしょうか。

この木製サッシによって、断熱性能を高めることができるようです。住まいの断熱性能というのは窓が大きな影響を与えてしまい、窓によって冷暖房の効率は大幅に減少しているのです。かなりのエネルギー損失が生じています。これを防ぐことができるのが木製サッシなのだそうです。これはアルミニウムや鉄と比較すると熱伝導率がかなり低くなっています。また、環境にも優しい素材となっているようです。省エネに最適なサッシとなっていると考えることができます。リサイクルすることもできるのだそうです。

また、安全性を高めることができるといいます。どのような住まいであっても常に火災のリスクは存在しているものです。火災の際には窓枠の強さはどんどん低下してしまいます。しかし、その低下の程度については鉄やアルミニウムよりも木材のほうが丈夫であることが分かっているのだそうです。木材というのは炭化層をつくりだすことによって、酸素の供給を絶つことができるため、芯の部分は燃えにくい状態となります。これによって、火災の際にも窓はしっかりとその強さを保ってくれるのだそうです。安心してそこで暮らしていくことができます。

また、断熱性を高める窓によって結露を防ぐことができるようです。結露というのはカビやダニの原因となってしまうことがあります。また、壁や床に水が染み出してしまい、それが腐食を招いてしまうこともあるのです。このような影響を防ぐことができるのが木製サッシなのだそうです。

このように東京組が提案している木製サッシにはさまざまなメリットがあります。それ以外にも、オリジナルの建材を使って、さまざまなこだわりの要素が揃った家づくりを進めているようです。これからも東京組は地域に根ざした企業として、多くの住まいを提供していくのでしょう。