東京組はサッシにこだわる

東京組はさまざまなこだわりのある家づくりを進めているといいます。たとえばサッシにこだわっているようです。東京組は断熱性能が高い木製サッシを標準化しているといいます。これを用いることによって、住まいの断熱性能を高めているのでしょう。

東京組は日本が窓後進国であると考えているようです。窓の断熱性能には基準すらない状態となっているのです。これでは断熱性の高い住まいを建てることができません。そこで東京組は窓についてとことんこだわったのだそうです。窓を変えることによって暮らしを変えることができると考えているといいます。

窓を通して冷房や暖房の熱損失が生じてしまうとされています。窓はそれだけ重要な部分といえるのです。もし東京組の提案する断熱性の優れた木製サッシにすると、これによって冷暖房のエネルギー損失をかなり抑えることができるのだそうです。また、木製サッシはリサイクルが簡単にできるというメリットがあるため、この点からも環境に優しいです。アルミニウムよりも木製のサッシのほうが熱を通しにくいのです。窓によって省エネを実現することができるでしょう。これによって光熱費を抑えることができるのです。また、木製サッシというのは安全性が高いとされています。たとえば火災が起きたときには木材はアルミニウムよりもずっと強さが長持ちします。木材は燃えたとしても芯の部分は燃えにくくなるため、強さを持続しやすいのです。

東京組の提案する木製サッシでは、快適性を高めることができるようです。断熱性能を高めることができるために結露が生じにくくなります。結露がなければダニやカビの心配がなくなるでしょう。また、内開きの窓にすることによってお手入れも簡単にできるようになります。とても快適に掃除ができるようになるのです。

さらに東京組の木製サッシによって窓を美しくすることができるといいます。樹脂サッシと比較しても木製サッシというのは意匠性が優れているというメリットがあるのです。窓にさまざまな表情をつくることができます。窓というのは壁面においてかなりの面積を占めることになる重要な部分といえるでしょう。インテリアの一部として考えることができるのです。さまざまな窓を選ぶことができます。

このようにいろいろなメリットがあるのが東京組の木製サッシの特徴となっています。ほかにも東京組はさまざまなメリットのある家づくりを進めているようです。これからも多くの方に評価される快適な家づくりを目指していくのではないでしょうか。オリジナリティが高いと評価されているようです。